ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

長野県塩尻市「カイフクデイサービス」様 プロデュース事例

2020年2月1日のオープンに先立ち、

長野県塩尻市「カイフクデイサービス」様のプロデュースさせていただきました。

 

 


●魅せるためのデザイン「空間プロデュース」

介護保険の施設・設備基準を満たしつつ、介護施設らしさを払拭したデザインと配置設計をするにはどうすればいいかと悩まれていたクライアント様。

ポポ・ケセラセラスタジオを実際に見学され、これまでにない大きなインスピレーションを受けられたといいます。

クライアント様の想いや塩尻市という地域性にポポ・ケセラセラのエッセンスを融合させることで独自性のある設計が可能となりました。

 

家具・マシン配置設計/内装空間デザイン/スタッフユニフォーム

 

 

●“実践する力”を最大化する「POPOのKAIGO研修」

リハビリメソッド「パワーリハ」のハードとプログラムを導入するだけでは社員のポテンシャルを引き出すことができず、魅力あるデイサービスの姿は叶いません。POPOのKAIGOでは可視化されたマニュアルの配布ではなく、実際の研修を何よりも大切にしています。

ここで介護職員のハートを一気にPOPOのKAIGOメソッドに引き込むことで、POPOのKAIGOメソッドがサービスのあるべき“姿”として具現化します。

 

機能訓練メソッド/運営メソッド/接遇メソッド/営業メソッド/トレーニング機器レイアウト

 

 

 


 

介護事業部部長(作業療法士)様よりMessage

この度は先日の研修のお礼と開設に向けての進捗状況のご報告をかねてご連絡をさせていただきました。研修翌日からスタッフの表情に明らかに変化がでてきていることを実感しております。本当に驚きです。今日は、POPO体操を午前中各スタッフが時間のある限り納得いくまで行い、齋藤先生に教えていただいた資料を片手にマシンに乗りっぱなしでした。内覧会にむけてスタッフ一同のモチベーションが確実に向上し、さらに接遇に対する考え方も各々で整理し始めている姿もみられました。あるスタッフが、齋藤先生が本日いらっしゃらないことが本当に寂しいと口に出しているスタッフがいました(本当です)。

私もふと気が付くと、齋藤先生と過ごした楽しい時間を思い出し同じ気分になりました。内覧会まであとわずかですが、スタッフ一丸となって頑張るつもりでおります。またお会いできる日を心より楽しみにして、また励みにして日々努力していきます。次回お会いしたときには成長した姿が見せられるように精進していきたいと思います。

介護事業部 部長(作業療法士)

 

一覧へ