PEOPLE

JOBS

POPOで働くひと

POPO STAFF

  • 大西 美也子

    主任・介護職員

    大西 美也子

    MIYAKO ONISHI

    “介護の仕事だけは絶対にできない!”
    そう思っていた私の人生を変えたのは、
    ポポのKAIGOでした。

    MIYAKO ONISHI

    介護職は私の中で、自分には絶対に向いていない仕事ナンバーワンだと思っていました。子育てが一段落した頃、ホームヘルパーの資格を取りに行くのが1つのムーブメントのような時代がありましたが、私は全く関心を持てませんでした。介護って「薄暗い」とか「汚い」とか、ネガティブなイメージが強かったんです。だから初めてポポの存在を知った時は、思わず自分の目を疑いました。慣れ親しんだショッピングセンターの中に突然現れたおしゃれな空間が、まさかデイサービスになるなんて。さらに衝撃的だったのは、「一度はできなくなったことをできるようにする」というポポの“KAIGO”という取り組みでした。利用者様のビフォーアフター動画を見ると、本当に利用当初はできなかった動作がスムーズにできるようになっているんです。まさかここに来て、天と地がひっくり返るほどの衝撃を二度も経験することになるとは思ってもみませんでしたね。あれからもう1年が過ぎましたが、ここで私が抱いていた介護っぽさを感じたことは一度もありません。それはきっと、ポポが「自分だったらどうされたいか」という、人として当たり前の気持ちを最優先に考えている現場だからだと思います。この思いを、かつての私のような人たちにもっと知ってもらいたいですね。

  • 倉原 尊子

    看護師・機能訓練指導員

    倉原 尊子

    TAKAKO KURAHARA

    ポポのKAIGOは、私の理想そのもの。
    利用者様ファーストで動ける環境は
    感動の連続です。

    TAKAKO KURAHARA

    私は医療現場での経験を通して、「生活に寄り添った専門ケア」には介護×看護(医療)という2つの視点からアプローチすることが重要だと感じていました。それを実践できるような職場を探していたら、偶然ポポのオープニングスタッフ募集の求人を見つけたんです。そこに書かれていた“ポポのKAIGO”という考え方が私の思い描いていた理想のケアそのもので、読んでいるだけでワクワクしたことを覚えています。その後すぐに面接をしていただき、私はポポの看護師兼機能訓練指導士として働くことになりました。実際に働いてみて一番やりがいを感じるのは、自分が向き合った分だけ利用者様の生活動作(ADL)が改善していくことです。現状維持が精一杯だと思っていた片麻痺の利用者様が機能訓練を通して腕の緊張がほぐれ、身体が柔らかくなっている姿を初めて目の当たりにした時の感動は今でも忘れられません。ポポでは利用者様のスタジオでのご様子だけでなく、ご自宅の状況もスタッフみんなで共有し、生活の質(QOL)の向上に努めています。利用者様の数だけ、機能訓練の種目は無限大です。現在は専門看護師の資格取得に向けて現場を離れることになりましたが、環境が変わっても利用者様ファーストな私のスタイルを大切に頑張っていきたいと思います。

  • 岡村 豊文

    管理者・介護福祉士・生活相談員

    岡村 豊文

    TOYOFUMI OKAMURA

    “これからの人生”を一緒に考えられる
    生活相談員として、生まれ育ったこの街の
    人たちを元気にしたい!

    TOYOFUMI OKAMURA

    介護保険サービスの利用には一定のルールがあり、中にはお断りせざるを得ないケースも少なくありません。少し前にも他府県から利用相談があり、正直厳しいだろうと思いつつダメ元で代表に相談したところ、希望にお応えできるよう県をまたいで走り回るという異例の展開に!(笑)生活相談員の仕事は以前にも経験がありましたが、ここまで一人の利用者様のために全力で取り組んだのは初めてで、大きなやりがいと自信につながりました。もちろん一筋縄ではいかないこともあるし、失敗したり意見がぶつかったりして落ち込むこともたくさんあるけど、ルールに囚われず、目の前の利用者様の人生を考えて行動できる生活相談員として生まれ育った姫路の街に住む人たちを元気にしたいと思っています。

  • 藤田 直子

    介護福祉士

    藤田 直子

    NAOKO FUJITA

    これからの社会に一番必要になるのは
    介護の仕事。ポポなら、私の夢を一緒に
    叶えられると思ったんです。

    NAOKO FUJITA

    昨年の春、介護福祉士になるという1つの夢が叶いました。これまでいろんな業界で仕事の経験を積んできた中で、これからの社会に一番必要になると思ったのが介護の仕事だったんです。ポポはその介護の枠を超えて利用者様のご家族に向けたサービスも展開しています。ご家族から得る情報も多く、スタッフにも高度なコミュニケーション力が要求されます。社内研修にもホスピタリティ研修があるなど、私自身も目の前の人に対してきちんとした接遇と相手への思いやりを持って行動できるようになりました。ポポならきっと、私の夢を一緒に叶えていけると思っています。来春からは大学で心理学の勉強もスタートする予定です。数年後には昨年より厚生労働省が認可した心理療法士の国家資格も取得したいと考えています。介護士と心理士の国家資格をダブル活用できれば、もっと幅広く地域の皆様のお役に立てるのではないかと思うんです。自分自身の夢のためにも、ポポの利用者様はもちろん、介護が必要な家族様、同業他社様、そして地域のみなさまをつなぐ存在になれるようしっかり取り組んでいきたいです。

  • 若松 みずき

    介護職員・運動指導員

    若松 みずき

    MIZUKI WAKAMATSU

    ポポのKAIGOを通して、
    今以上悪くならないための「予防」の
    大切さを再確認できました。

    MIZUKI WAKAMATSU

    私はポポで働くために住み慣れた九州から姫路まで引っ越してきました。前職では介護予防の運動指導をしていたので高齢者の方と触れ合う機会はたくさんありましたが、要介護高齢者の方への機能訓練や基本的な介助(椅子からの移乗など)をおこなうのは生まれて初めての経験だったので、入社した当初は戸惑うことばかりでした。さらにその頃の私は利用者様の身体機能を改善するためのノウハウを吸収することで頭がいっぱいになっていたということもあり、現場で巻き起こるさまざまな出来事を整理できず、頭の中がぐちゃぐちゃ状態に・・・(笑)。そんなある日、利用者様の中には今以上悪くならないための予防を目的に通われている方も多くいらっしゃることに気づきました。もちろん介護のプロとして、専門性の高いケアを提供できる力は必要です。ただそれと同時に、今の利用者様の在宅生活を維持するための予防も合わせて大切にしなければいけないことを、私はポポのKAIGOを通して再確認できました。今後は今までの経験のすべてを生かしつつ、予防と改善のどちらの観点からも利用者様の運動指導ができる自分になりたいと思っています。

  • 岡崎 清乃

    介護職員・運動指導員

    岡崎 清乃

    SAYANO OKAZAKI

    介護の経験も知識もゼロだった一年前。
    まさかこんなに仕事が好きになるなんて、
    自分でも驚いています。

    SAYANO OKAZAKI

    正社員として初めて採用されたのがポポ・ケセラセラでした。私は高齢者の方と触れ合ったこともなく、介護の経験もゼロ。目上の方や年上のスタッフに対してもどう話せばいいかわからず、すべての出来事が「?」状態でした。だけど、知らなかったことを学べるポポの現場は本当に楽しくて、初めて利用者様の身体の変化を評価映像で目の当たりにした時は自分のことのように嬉しかったです。今でも働いていて一番やりがいを感じるのは、利用者様が身体の変化を実感され、その喜びを一緒に分かち合える瞬間です。まさかこんなに仕事が好きになるとは、私自身まったく想像していませんでした。これからもっともっと勉強して、目の前の利用者様にとって今必要なことをしっかりアドバイスできる専門性の高い介護スタッフになれるよう頑張ります!